読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガヴォット第14番ロ短調第2楽章"鬱の途中"

ロ短調で語る60年史, 1954~2014

スズペスト

1812年 ナポレオンはロシアに進攻した。
しかしナポレオン軍の軍服のボタンはたちまち灰色に変色し
ボロボロになってはじけ飛んだ

スズペスト だった。


これはロシア軍が用いた細菌兵器


というのは嘘で



単なる スズの同素体転移  である。


同素体というと  同素体はSCOPで掘れ というけど

それはあくまで受験技術(受験生はこの4つを覚えておけばいい)であって
実際には同素体のある元素はたくさんある

スズは常温では金属だが低温になると灰色スズに転移してしまうのである



チャイコフスキーは 大序曲1812年 という曲で
ロシア側から見たこの戦いを描いている

ロシア国歌とフランス国歌が入り乱れ ロシア国歌が勝利する という単純なものだが


楽器として大砲を使用している  というハチャメチャな曲だけど結構面白い