ガヴォット第14番ロ短調第2楽章"鬱の途中"

ロ短調で語る60年史, 1954~2014

COVER YOU

ai00142008-11-27

f:id:ai0014:20081127121944j:image

1. 渚のシンドバッド(変ロ長調
原曲はピンクレディ もう少し勢いがあってもいいのにおとなしすぎ


2. どうにもとまらない(ニ短調)
原曲は山本リンダ 
オリジナルのインパクトが強かったせいか
これもおとなしく感じる
これではつまらない曲になってしまう
ライブだと映えるかもしれないけど音だけだと地味


3. 居酒屋 (五木ひろし高橋愛)(変ロ短調)
定番のデュエットソング
気持ちよく聞けるけど たくさん出てるからね


4. ペッパー警部 (ALBUM Ver.) (ロ短調)
最後のさゆのセリフくらいしか聞き所がない



5. 白い蝶のサンバ (イ長調-嬰ヘ長調
原曲は森山加代子 古さを感じさせない名曲



6. 青春時代 (嬰ト短調
原曲は森田公一とトップギャランでホ短調
男性の曲を女性が歌うために長三度上げて嬰ト短調
なんか平凡な曲になってしまうね


7. 林檎殺人事件 (ハ長調)
キャラがちがうんでないかい


8. ロマンス (ALBUM Ver.) (ニ短調)
原曲は岩崎宏美
いたって平凡 単にカバーしただけ



9. 街の灯り (高橋愛新垣里沙) (ロ長調
原曲は堺正章
オリジナルも味わい深いけど
この2人のボーカルも秀逸
アルバムのベストトラックだ



10. 恋のダイヤル6700
原曲はフィンガー5
リンリンのテーマソングになるのか
歌詞の内容は愚にもつかない駄曲



11. ピンポンパン体操
くだらん  実にくだらん
いわゆる知識人は高く評価する傾向があるけど
まるっきり意味不明な歌詞だ




12. わたしの青い鳥 (イ長調
原曲は桜田淳子
せっかくだから鈴木愛理をゲストに呼んで歌わせれば良かったのに




13. ジョニィへの伝言
原曲はペドロ&カプリシャス
名曲だけどちょっと荷が重かった



14. UFO (ロ短調)
ピンクレディの曲はおとなしく歌ったらつまんないんだよ





カバーアルバムを出すことは意義のあることだと思うし
ボーカルにもあまり不満は感じないんですよ
だから問題があるとすれば選曲とアレンジじゃないかな

ピンクレディの曲が3曲もあるけど
阿久悠物語の中でも言ってたように
百恵の自然な魅力に対抗して
思いっきり人工的な路線で勝負したのがピンクレディなわけで
両者のほぼ中間の路線のモーニング娘。がカバーすると
ものすごく平凡な曲になっちゃうんですよ
だからトリビュートの意味で1曲はあってもいいけど3曲もいらない


山本リンダの曲はライブで聴いたときはいい感じだった
つまり視覚的要素があってこその曲なんだろうけど
CDでのアレンジは妙におとなしくて印象が薄い


有名な曲ほどつまらなく感じるのは
やはりオリジナルのインパクトが強いせいもあるわけで
そういうのはシングルだけにして
アルバムではもっと慎重に選曲をしたほうがいいものができると思うよ