ガヴォット第14番ロ短調第2楽章"鬱の途中"

ロ短調で語る60年史, 1954~2014

坂道の少女(沢田聖子)

はっきりしたストーリーのある曲です。
70年代後半から80年代にかけてこういうのが多かった。

聖子と書いて しょうこ と読む
同じ年にデビューした 松田聖子(まつだせいこ) と 沢田聖子(さわだしょうこ)
タイプは全然違う 曲も初期はわりとフォークっぽい路線だった