読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガヴォット第14番ロ短調第2楽章"鬱の途中"

ロ短調で語る60年史, 1954~2014

黄昏(岸田智史)


♪コート無しの身体寄せて歩く二人は恋人なのに
 追いかけてもあなたの心何処に遊んでいるの

詩の内容も曲の雰囲気も思いっきり暗いです。死にたくなるくらいに
デビュー曲”蒼い旅”のB面として発売され
1stアルバム”パーマネントブルー”にも収録されました。
蒼い旅 にも 死ねなくて生きてきた という歌詞があるけど
B面のこの曲も負けず劣らず絶望的だし
アルバムの場合は 蒼い旅 で始まって 黄昏で終わるので
ものすごく暗い気分になります まさに パーマネントブルー